回転寿司と回らない寿司屋の違い

寿司屋のバイトといっても、回転寿司と回っていない寿司屋では仕事内容が大きく違ってきます。回転寿司では、お客様の案内や食べ終わった後のお皿のカウント、座席の片付けなどがあります。飲み物やお寿司以外の商品を運ぶ場合もあるでしょう。最近の回転寿司はとてもシステム化されていて、お寿司に関わる独自の仕事いうよりも、接客や片付けといった飲食店の仕事と共通する業務が殆どです。

それに対して回っていない寿司屋では、より高い接客スキルが求められます。お客様を席に案内することは共通ですが、カウンターだけでなくテーブル席がある場合は注文を取ることが必要になります。寿司ネタについてはもちろん、お酒を扱っていることが多いのでお酒の種類など店で扱っている物に対しての知識が求められるでしょう。さらに、価格帯が高い場合はきちんとした接客が身に付いている必要もあります。質の高い礼儀正しさや知識を得ることができるバイトです。

どちらにも共通して言えることですが、お店によっては接客以外の簡単な調理を行う場合もあります。握ってある状態のシャリに海苔を巻き、いくらやウニなどを乗せる軍艦を作る機会があるかもしれません。赤だしや茶わん蒸しを準備するといった簡単な作業は、板前が行わず裏でバイトに任せられていることが多くあります。意外と料理上手になれる機会があるかもしれませんね。また、魚の種類に詳しくなれるのは何よりの利点かもしれません。話のネタにもなる上、魚ごとの味の違いがわかれば寿司以外の魚を食べることも楽しくなるでしょう。

Silent

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です